HOME>イチオシ情報>子宮頸がんの症状、具体的な治療方法をリサーチ

子宮頸がんの症状、具体的な治療方法をリサーチ

検査

子宮頸がんの原因、症状は何?

いろんな種類のがんがありますが、元気なのに検査を受けると子宮頸がんだった、という方もおられます。ヒトパピローマウイルスの感染が原因の一つとされています。おりものが異常であったり、不正出血や下腹部の痛みだったりするのも症状となります。初期に発見されると、完治する可能性が高いため、不安に感じることはありません。子宮のがんということで、出産についても考える必要があります。初期だと子宮頸部を一部切除し、子宮を残すこともできるため妊娠も可能です。20歳を過ぎたら症状がなくても定期的に検査を行っておくと、安心することができます。細胞を取り検査することになりますが、10分前後で終了します。生理があると、下腹部の痛みは日常のものになりがちで、見逃してしまうことも多いです。注意することが大切です。

女医

子宮頸がんを撃退させる治療方法

不正出血がある方や腹痛がある方は、子宮頸がんの可能性があります。おかしいなと感じたら、すぐに検査を受けることが大切です。細胞をとり、検査をすることで子宮頸がんかどうか判断することができます。早期発見だと完治できるため、日頃から注意することが大切です。治療法としては、外科手術や放射線治療、抗がん剤での治療となります。子宮ということで、出産について考えることになります。表面の層にがんがある状態だと、子宮頸部を一部取り除き子宮を残すことができます。出産に関しても可能なため、安心することができます。あきらめずに、まずは先生に相談してみるとよいです。症状が進んだ状況の場合は放射線での治療となります。日本では、外科手術を用いることが多いですが、外国では放射線治療が主な国もあります。よい状況になるようイメージして治療を受けることが大切です。